箱根の西麓から、日々雑感をお届けします。

■店舗所在地:〒411-0022 静岡県三島市川原ヶ谷887-2 ■電話:055-950-6114 ■営業時間:10:00~19:00(土・日・祝日のみ営業)
*2013年7月 クワガタムシ・カブトムシ専門店『太輝音ドルクス』の中身そのまま、店名を変更して移転しました。

寒暖差


□臨時休業のお知らせ□
・勝手ながら、2月25日(土)、26日(日)と、3月4日(土)を臨時休業とさせていただきます。尚、3月2日(木)、3日(金)は夕方(17:30〜)、5日(日)は通常通り(10:00〜19:00)営業致します。ご不便をおかけして申し訳ありません。どうぞよろしくお願い致します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


□[2月24日・追記]
・吹田市のN.A.様:本日午後8:00。こちらのヤマト運輸(株)今里宅急便センター持ち込みにて発送しました。お受け取りをよろしくお願い致します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


・清水町のKさん:こんばんは、お久しぶりでした。コメントをありがとうございました。ボク自身も久々の採集でした。心に残る出来事(場面)がたくさんありました。一時期は、完全に採集から遠ざかるつもりでいましたので、自分でも意外でした。もうすぐ春がやってきますね。今季もどうぞよろしくお願い致します。


DSCN4928_convert_20170224061455.jpg


(※午後のひと時、うたた寝のあんこさん)
スポンサーサイト

春の嵐


・“ドクロファーム”さん:こんばんは。遠距離お疲れさまでした。本日の会合の内容に集約された気もするのですが、周りのすべてが大きく変わりつつあります。「プレミアム・フライデー」が提唱された背景にあるものが、末端にいるボクらにまで波及してくることを願い、○○○会社の営業さん、担当していただいたドライバーさん等と会っていました。いつもありがとうございます。またよろしくお願い致します。


DSCN4982_convert_20170221225946.jpg


(※さて、ここで休むとこれまでの努力が無駄になってしまいます・・・なぁんて、あまり一生懸命っていうのも性分に会わないので、ひと休みします。今週末に加え、3月4日(土)も予定が入ってしまいました。申し訳ありませんが、「明日のために」お休みさせていただくことにします)

ナタデココ


・“オオクワワンダー”さん:こんにちは。“武器”のお礼をお渡しすることができてよかったです。トサキン、幼虫、採集・・・と、オリジナルな話題がたくさんありました。今度、ご一緒できるといいのですが、こればっかりは「予定は未定」という訳ですね。富士山の写真、ご好評をいただいています。春はもうすぐですね〜♪

・裾野のAさん:こんにちは。来週(土)(日)は、お休みをいただきますので、今日来ていただいてひと安心でした。風水上の何カ所かに、流れを阻害するものがありましたので取り除いておりました。あまり大々的にやると、大家さんへのご迷惑になりますゆえ、ほどほどにしておこうかと思案していたところでした。そう言うなら……腰のもの(キビダンゴ…あいや、ナタでここ……痛そぅ…やのうて。ナタとノコ!)は余計でしたね。でへへっ・・・。

 皆さん。本日はご来店お買い上げありがとうございました。


DSCN4993_convert_20170219211102.jpg


(※ホントは寒いのが苦手な、妖怪ビン洗い〜・

そびえ立つペンギン


・“匿名希望”さん:おはようございます。本日の入荷は、ブロック、材(クヌギ、コナラ)、クワマットでした。時間帯はだいたい11時30分から12時までの間です。週をまたがる打ち合わせの結果、3月1日からと、4月から(こちらは中旬頃?)変わるものがあります。またご案内します。

・“うえさん”:こんにちは。コメントいただき恐縮です。採集行は思いのほか楽しめました。やはり、面子は大事な要素ですね。文章の方は苦難の連続でしたが(苦笑)。雪が雨に変わる頃(雨水)です。もう春ですね。そろそろ“青水”卒業ですかね?

・A賀さん:こんにちは。予備車の○○仕様は後輪スパイク・タイヤです。土曜日の早朝、当地でも積雪がありました。てっきり車だと思ってたら、専業さんがバイクで来ていてビックリしました。雪や、凍結になると、他人事ながら心配です。春はどこから、向こうの山から♪ 今季もどうぞよろしくお願いします。

 皆さん。本日はご来店お買い上げありがとうございました。


DSCN4979_convert_20170218214431.jpg


(※スイカのペンギン・

山梨(17・立春)《前編》



 夜明け間近の空に、白雪を冠した北アルプスの山々が浮かんで見えていた。この場所で、オオクワ採集人・Ksさんと待ち合わせだ。

「少し休みますか…」

 と、運転席から一粒のチョコを差し出したKkさんは、タキオン時代からの常連さんの一人。一緒に採集に出かけるのは2年半ぶりになる。

 やがて、チューン・ナップされた野太いエンジン音を響かせ、Ksさん達がやってきた。
 同乗してきたSさんは、もう入手不可能とされていた材採用オノを、持ち前の探究心により引き寄せた強運の持ち主。今日はその“引きの強さ”にも大いに期待したいところだ。


FSCN4950_convert_20170211212449.jpg


 日中暖かくなる予報だったが、この時の現地の気温はマイナス2℃。ボクは、吐き出した息が立ちのぼっていく様子を両耳の先端で楽しみながら、第一ポイントの急斜面を下りていった。

 
 示された立ち枯れの前に立ち、遠慮がちにDさんからお借りしたオノを振り下ろす。その重さが手に馴染む間もなく、

「はい。出たよ、出た出た」

 と、下方からKsさんの声が響いた。慌てて三人で駆け寄ると、

「ほら。ここ叩いたら、ポロッと落ちた。♀だった!」

 そう続けながらKsさんは、冷気のため前脚がひし形状に固まったオオクワガタの♀を差し出した。満面の笑顔だ。見るとその個体は、点刻列が整った光沢のある上翅に、明るい空の色が映えた美しい個体(約41mm)だった。

 さい先の良いスタートに一同の気概は上昇傾向となり、がぜん気迫(オーラ)がみなぎってくる。


FSCN4955_convert_20170211212530.jpg


 一刻後。一旦見切りをつけ、三人でガードレールのある場所までもどることになった。

 Ksさんは、「ここから右方向(北)に行きますから」と言い残したあと、姿が見えなくなっていた。近くにいれば木を叩く音が響いてくるはずだが、それも聞こえない。

「連絡をとってみますか…」

 山での集団行動を悉知(しっち)したKkさんが、そう言って携帯電話を取り出した。詳しくは書けないが、彼は日頃、国の安全基準に深く関わる仕事をされている。


DSCN4938_convert_20170211212304.jpg


 果たしてKsさんは、ガードレールのある山の稜線をしばらく北北西(恵方)方向へ行った斜面で、しきりにエノキの倒木を叩いていた。傍らには、見慣れたCの形をしたオオクワガタの3令幼虫が4頭。

「なんと…!」

 “立ち枯れにしかいない”と思い込んでいたボクには、なんとも驚きの光景だった。

 現地到着から2時間足らず。入念に下調べをして、ピンポイントで当たりをつけているから余分な材は削らない。これがオオクワ採集人・Ksさんの真骨頂なのだろう。“機(この場合「木」でも可?)が熟す”まで、2、3年待つ場合もあるという。


FSCN4948_convert_20170211212354.jpg


 茜色に染まった南アルプスをバックに全員で記念撮影をしたあと。素晴しい贈り物をくれた、明野町のそのポイントを後にした。

[※《後編》は、先週(2月11日)にアップしました。よろしければ、スクロールして続きをご一読ください・

Latest