ARTICLE PAGE

猛暑


 週明け。目が覚めると、台風5号は能登半島付近にあった。中心の気圧は980hPa、いくぶん弱まったようだ。

 台風は、土曜日に奄美大島近海にあって、同日早朝、島南部の瀬戸内町で1時間に120mmの猛烈な雨(「50年に1度の」大雨)を記録。大雨の地域は午後には名瀬、夕方には笠利と、しだいに北部へと移り、それがそのまま台風の遅い進行速度に思えた。

 この時点での中心気圧は950hpa、中心付近の最大風速は35m/sだった。


FSCN5839_convert_20170809081851.jpg


 ちょうちん飾りが終わり、おおむね南の方角から「吹き返し」がやってきた。

 裾野駅前で路上を転がっていた白いちょうちんを回収して、元の場所にもどすと、今度は、会社前のやぐらのちょうちんが逆さ向きになって風に揺れているのが目についた。

 昼休憩がてら、雲が多くなってきた空をみて、どことなくひと安心。台風一過の、底抜けの晴天(ド・ピーカン)だけは願い下げだった。


FSCN5840_convert_20170809081924.jpg


(※店舗がなくなったことで、駅前商店街から遠ざかってしまい、毎年巡ってくる、2拍子で埋め尽くされるこの夏のイベントも少しづつ遠くなっていくように思えます)

スポンサーサイト